Top > 超音波法によるわきが治療

超音波法によるわきが治療

わきがの治療法には、吸引法が進歩した超音波法というものもあります。これは、脇の下の皮膚を数ミリ切開して、ハンドルピースという器具を差し込んでわきがの原因となる汗腺類を破壊して吸い出すという治療法です。

超音波を使ったわきが治療は、両脇で30分程度という短時間で行なえる手術であること、入院の必要がなく日帰りで行えることなで患者の時間的負担は少なくてすみます。また、わきが手術の際に切開する傷も数ミリと小さいため傷跡が残りにくい、目立ちにくいというメリットもあります。時間的、身体的に負担が少なくてすむ超音波法によるわきが治療ですが、超音波の扱いに慣れていない医師が行うと皮膚にやけどを起こしてしまう危険があります。そのため、わきが治療として超音波法を取り入れていない病院も多くあるようです。

更にデメリットの部分として、完全にわきがの原因である汗腺類を取りきることができず、わきがの症状が残ってしまいがちだということがあります。わきがの治療法には、それぞれメリット、デメリットがあるため、簡単にできる、短時間ですむということだけで治療法を決定するのではなく、手術を受ける際にはしっかりと医師からの説明を聞くようにしましょう。

 

 秋の味覚さんま  お茶の効用  フライドポテトを安全に食べる方法
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
わきがのメカニズム(2009年7月22日)
わきがの治療方の種類(2009年7月22日)
超音波法によるわきが治療(2009年7月22日)
ボトックスでわきがの治療(2009年7月22日)